間違った靴選びが、足トラブルの原因。靴選び

そもそも「足裏のアーチ」って何?

「足」はひとにとって、唯一地面に接している場所。その足の大きな役割は以下の二つが挙げられます。

  • 1. 立つ安定感を高める。
  • 2. 衝撃を吸収するクッションになる。

この役割を果たすために、足には3つのアーチ(弓形形状の骨格)があります。

足のアーチ構造

この3つのアーチが体を3点(親指、小指、踵)で支え、カメラの三脚のように非常に安定感を高めることができます。
また、足が地面に着くときにアーチがクッションのように衝撃を吸収してくれます。

「間違った靴選び」が痛みや疲れ、
足のトラブルを引き起こします。

間違った靴を履き続けると、体や足の負担が増えて「痛み」や「疲れ」を助長し、そして「足のトラブル」へと繋がっていきます。

サイズの大きい靴

大きすぎる靴は、歩くたびに靴の中で足が動くため、安定した歩きを妨げます。また、足の筋肉を余分に使うため疲れやすく、靴の中の前滑りにより、つま先に痛みがでます。靴の中で足が前に滑り、つま先が靴に当たり痛みがでます。
自分のサイズより大きな靴を履いている人は以外と多く、「足のサイズ」を聞かれたときに靴のサイズを答える人は、まず実際の自分の足を測ることをお勧めします。

ハイヒール靴

ハイヒールを履くとつま先立ちしていることと同じ状態になるため、体重が過剰に前足にかかり、指の付け根の痛みが出やすくなります。また、靴のつま先が尖っているデザインが多く、前足が強く圧迫され外反母趾の起因となります。

パンプス

パンプスは留め具やひもがなく、足の甲の部分を大きくカットしたデザインが多いため、足が靴にしっかりフィットしていないと「靴擦れ」や「踵脱げ」が起こりやすくなります。そのため「痛みがでない歩き方」や「靴が脱げない歩き方」をしようとすることで、余計に疲れやすくなります。

「間違った靴選び」をすると、疲れやすくなったり、足に痛みがでて、歩く距離や機会が減ってしまいます。その結果、アーチを支える足の筋肉が衰えて、アーチが崩れ「足のトラブル」に繋がります。

適切な靴選びと、インソールの大切さ。

まずは、自分の足のサイズを知ることが大切です。多くの人は「足のサイズ」を聞かれると「靴のサイズ」を答えますが、あくまで自分の足の実寸が何センチであるかを知らなければ、足に合った靴を選ぶことができません。最低限「足長」と「足幅」のサイズを測った上で、靴選びをすることが必要です。
また足と靴の接点であるインソールも重要です。足裏の凹凸形状に合ったぴったりフィットするインソールなら、足裏全体で体重を支えて負担を和らげます。またインソールの凹凸は体重を乗せたときに下から突き上げるため、アーチの崩れた足を正常な足に近づけて、快適な歩き方ができるようになります。

PageTop